資料請求

本校
コンセプトページ

福祉と医療の視点を兼ね合わせたケアを提供していきたい

寳榮 みゆきMiyuki Houei

沖縄看護専門学校
看護学科 在籍

  • 3年間、主体的に学習する姿勢を身に付けることで、卒業後にも生かせる協調性が養えたと思います
    私は入学前まで介護福祉士として病院で勤務していました。日々医療と関わる中で自分自身の医療に対する知識不足や介護職が行えるケアが限られているのを実感し、医療知識と技術を取得し、自分の可能性をもっと広げ、今まで以上に患者さんや家族に寄り添ったケアを行いたいと思い始めたのがきっかけでした。介護福祉の資格を生かしながら看護師として医療的な面からも患者をサポートしていける看護師になろうと思い、入学を決めました。
    私は、社会人経験を経て本校に入学しました。クラスに馴染めるか不安でしたが、同じ志を持つ者同士、垣根なく接してくれ、楽しく学校生活を送っています。勉強は大変ですが、放課後にクラスの仲間と勉強したり、趣味を楽しむ時間も作れるため、学校生活も私生活も無理なく過ごすことができます。
    将来は、人の気持ちをくみ取り、寄り添うとともに、その場の状況に応じた行動をとることができる看護師になることです。
    病気や怪我に対する治療を行うだけでなく、患者さんの気落ちや小さな変化に気づき、精神的なケアを行うことも看護には重要だと思いますので、病気や怪我を患う患者さんに生きる希望を与え、その人が望む自分らしい生き方ができるように、福祉と医療の視点を兼ね合わせたケアを提供していきたいです。