資料請求

本校
コンセプトページ

安心して挑める 本校の実習

実習前の学内演習

慣れない実習は、時には不安が伴います。本校では患者様や家族の気持ちに
配慮しながら、安全、安心な援助ができるよう、学内で繰り返し丁寧に
技術演習を行います。

  • 学内演習は大きく8つに分かれます
  • 基礎看護学演習基礎看護学演習
    バイタルサインの測定や食事、清潔、排泄、活動などの日常生活支援を学びます。
  • 成人看護学演習成人看護学演習
    治療を受ける患者さんの回復過程に沿った援助を学ぶ演習を行います。
  • 母性看護学演習母性看護学演習
    沐浴や抱っこなど、妊産婦や新生児への看護援助を学びます。
  • 小児看護学演習小児看護学演習
    発達段階に応じた遊びの工夫や、関わり方など、子供と家族への援助を学びます。
  • 老年看護学演習老年看護学演習
    病院や介護老人保護施設にいる高齢者への支援方法を学びます
  • 精神看護学演習精神看護学演習
    精神を障がいされた人の日常生活上の困難を支援する方法を学びます。
  • 在宅看護学演習在宅看護学演習
    在宅で療養している人々の生活を支える看護援助を学びます。
  • 看護の統合と実践演習看護の統合と実践演習
    臨床に近い形でシミュレーション学習を通して何を見てどうするのか判断・対応を体験していきます

臨地実習を通しての成長のイメージ

同じ事を繰り返すことで、頭ではなく、体に染み込んでいきます。繰り返されることは、螺旋状の階段を上がっているイメージが大切なのです。学習と体験は連動させることで初めて成長の動力となります。

実習体制

本校は、ユニフィケーションシステムを取り入れており、全領域で、ティーチング・アシスタント(TA)が演習に関わることで、学生の学習支援を行っています。

ユニフィケーションシステム
学校と主な実習施設とにおいて、それぞれの教育力・看護実践能力を共有し、相互にその力を発揮し、看護教育の質向上を図る手法です。
ティーチング・アシスタント
実習施設に勤務する看護職員で、授業のアシスタントを勤める者。学生の学習活動を支援する目的で実施しています。

学生一人ひとりが安心して実習に
臨めるために実習調整者という存在

本校では、学生一人ひとりが安心して、実習に臨めるために「実習調整者」がおります。実習調整者は、3学年の実習年間計画を練ったり、実習病院との様々な調整を行います。また、各領域の実習指導教員が病院との調整を円滑に行えるよう、教員を指導・支援します。

実習調整者メッセージ 経験の積み重ねが看護学生としての自分をつくる
長峰 千寿子 ながみね ちずこ

実習先には教員も同行するので、安心して実習に取り組めます。

看護を学ぶ力を支える「関心・意欲・態度」が一番大切になります。学生は、対象者への援助を行う中で学内で学んだことを自ら実地に検証し、理解を深める。言いかえると看護の方法について「知る」段階から「実践できる」段階に到達させるために臨地実習は不可欠なプロセスです。そのプロセスでの経験の積み重ねが看護学生としての自分を作っていきます。

実習の流れ

実習先には教員も同行するので、安心して実習に取り組めます。

実習には教員が同行し、学生を指導するため、安心して実習に取り組めます。また実習終了後の振り返り授業では、実践したことの意味付けなど、看護の探求をサポートします。

実習ライフ

年次があがるごとに幅広い知識と技術を得る実習を行い、
着実にステップアップしていきます。

実習のステップアップ

年次が上がるごとに幅広い知識と技術を得る実習を行います。

  • STEP.1 看護とは

    【1年次】
    病院ってどんな所?看護師さんはどんなことをしているの?患者さんの入院生活は?を体験しながら患者さんに必要な援助を考え実践していきます。
  • STEP.2 QOLを高める

    【2年次】
    10月の介護老人保健施設実習で、地域や施設で生活する高齢者のQOLを高める援助を学びます。1月2月の成人看護学実習で様々な病気で入院している成人期の対象者を中心に「疾患を持つ人の看護」を学習し、3年次の領域実習に繋げます。
  • STEP.3 学びの統合

    【3年次】
    5~8月にかけて病院で入院している子どもの看護や保育園での実習、成人期・老年期を対象とした看護、心の病で入院している人の看護、妊娠中の母親と赤ちゃんの看護、在宅で療養している人の看護など様々な対象者への看護を学びます。12月には3年間の学びを統合し、看護専門職として活動していく力を身につけるための実習を行い、新人看護師としてデビューする深秘を行います。

実習生の一日

朝の挨拶から始まる実習生の一日は、楽しくて内容の充実したものです

  • 8:00朝の挨拶
  • 9:00バイタルサインの測定
  • 10:00ケア
  • 13:00昼食
  • 14:00カンファレンス
  • 15:00記録
  • 16:00実習の振り返り
  • 17:00実習終了の挨拶

リフレクションノート

実習での経験はひとつひとつが「宝の山」です。リフレクションノートで、実習で経験したことを、文字や図表で書き記して、学びにおける自分の成長を実感することが出来ます。

実習指導者メッセージ 実習指導者は本校の卒業生が担当する施設が多くあることも大きなメリットであり安心して従事すした十種機関を送れます
徳永 美紀 とくなが みき

実習生にどのように成長してほしいですか?

純粋に患者様のために何かしてあげたいという気持ちを温かく育て、実習を通しての発見や気づきを大切にし、これから学んでいくことを全て看護に活かしてほしいです。

看護師のやりがいを教えてください。

私はICU(集中治療室)で働いています。ICUでは、病態の変化が著しく常に緊張しながら観察や看護を行っています。患者様は機械を使用され、会話ができない状態で入院することも多いです。患者様と接する中で、病状が改善され入院前のADL(日常生活動作)に近づくと喜びを感じます。他病棟に移って、歩いている姿や「こんなに元気になったよ、あの時はありがとう」の一言にとてもやりがいを感じます。

実習を終えての感想

  • 上原 葵さん
    上原 葵さん
    浦添高校 卒
    患者様の笑顔や周りからの励ましの言葉で
    逆に元気をいただきました。
    実習前は、患者様に合った看護ができるか不安でしたが、実習中は先生もスタッフも優しく指導してくださり、同じ実習先のメンバーと共に看護のやりがいを感じながら過ごすことができました。気分が落ち込んだり、悩みを抱える日もありましたが、患者様の笑顔や周りからの励ましの言葉で逆に元気をいただきました。患者様の気持ちに寄り添うことや何事にも根拠を持つことなど、この実習期間で学べた多くのことを必ず活かして頑張ります。
  • 上里 如乃さん
    上里 如乃さん
    宮古工業高校 卒
    実習中に患者様からかけてもらった「あなたがいて良かった」
    という言葉は、いつまでも私の支えになると思います
    私が実習中に悩み立ち止まった時、いつでも親身になって指導してくださる先生方や同じ学校を卒業した先輩方もいつもそばにいてくれたので、本当に心強かったです。リアルな現場で患者さんの笑顔や心に触れることができるのは、座学だけでは決して学ぶことのできない貴重な経験だと実感しました。実習中に患者様からかけてもらった「あなたがいて良かった」という言葉は、いつまでも私の支えになると思います。

主な実習先一覧

  • 大浜第一病院
  • 大浜第二病院
  • 中頭病院 ちばなクリニック
  • 浦添総合病院
  • 琉球大学医学部附属病院
  • ハートライフ病院
  • 沖縄中部療育医療センター
  • 沖縄赤十字病院
  • 那覇市立病院
  • 南部徳洲会病院
  • 天久台病院
  • オリブ山病院
  • 糸満晴明病院
  • 平安病院
  • サマリヤ人病院
  • 介護老人保健施設はまゆう
  • 介護老人保健施設ぎのわんおもと園
  • 介護老人保健施設うりずん
  • 介護老人保健施設若松苑
  • 介護老人保健施設おきなわ徳洲苑
  • 介護老人保健施設信成苑
  • 介護老人保健施設亀の里
  • 介護老人保健施設アルカディア
  • 介護老人保健施設池田苑
  • 介護老人保健施設おおざと信和苑
  • 介護老人保健施設桜山荘
  • 介護老人保健施設かりゆしの里
  • 介護老人保健施設オリブ園
  • 訪問看護ステーション おもととよみの杜
  • 小禄老人訪問看護ステーション
  • 訪問看護ステーション おもと園
  • 大名訪問看護ステーション
  • オリブ山訪問看護ステーション
  • ふれあい老人訪問看護ステーション
  • 訪問看護ステーションかいほう
  • 訪問看護ステーション和
  • 沖縄メディカル訪問看護ステーション
  • 訪問看護ステーションはごろも
  • 訪問看護ステーション若松
  • 中部地区医師会立訪問看護ステーション
  • 訪問看護ステーションなかがみ
  • 訪問看護ステーションいこい
  • 訪問看護ステーションかみはら
  • あおぞら保育園
  • 友愛保育園
  • かねぐすく保育園
  • はなぞの保育園
  • めばえ保育園
  • めだか保育園
  • 愛和保育園
  • 浦西保育園