資料請求

助産師としての誇り胸に

看護師/助産師

Ami Yabiku

屋比久亜美

沖縄赤十字病院 勤務

2017年3月 卒業

INTERVIEW

また立ち会ってもらいたいと思われるような助産師を目指して

困難だと知りながらも
チャレンジ

私が看護師を目指したキッカケは、私の叔母が看護師の仕事をしていたこともあり、私も誰かのことを支えられる仕事がしたい、叔母のように誰に対しても優しい笑顔でいられる人間になりたいと思ったことがキッカケでした。
その後、私は看護師を目指すという目標に向かって沖縄看護専門学校へ入学しましたが、妊婦さんと赤ちゃんに一番近い場所で、体と心のケアを行う助産師という仕事に憧れを抱き、卒業後、助産師になりたくて大学に進学しました。
助産学校に入学し、実際の現場で学ぶことによってはじめて母子の命を預かる責任の重さや赤ちゃんが無事に生まれてきてくれることへの感謝、そして助産師としての誇りを本当に感じることができたように思います。

優しさ思いやりも助産師としての能力

助産師という仕事は「命の誕生」という感動的な瞬間に立ち会えることがやりがいの仕事ですが、一方ですべての妊娠・出産が幸せな結果に終わるとは限りません。流産などの悲しい場面に立ち会うこともあります。
そんな時、悲しみの中にある母親やそのご家族を支えるのも、助産師の役割です。一番大切なことは、一人の人間として相手を想う気持ち、内面から出る相手を思いやる優しさが助産師という仕事では大切になってくると思います。

出産はもちろん、女性の心と体をサポート

助産師のお仕事で大変なことは、長い期間妊婦さんをサポートしながら出産に向き合っていくことです。不安になった妊婦さんを精神的に支え、出産にいたるまでの妊産婦への保健指導やアドバイスを行い、妊婦さんやご家族に伝えていく責任がありますので、決して簡単なことではありません。
新しい生命の誕生は、新しいお母さんとそのご家族と分かち合う喜びが、大きな達成感となって自分に返ってきます。緊張の連続の仕事ですが、数々の問題を乗り越えて得られる経験は助産師にとって大きなやりがいです。

先生方の支えに感謝

私は沖縄看護専門学校を卒業後、大学へ進学し助産師を目指すことになったのですが、様々な経験を持つ沖縄看護専門学校の先生方が自分にはない考えや視点をすごく優しく助産師の魅力を教えていただきました。また、それだけでなく助産師実習のバックアップなどもしていただき、沖縄看護専門学校の先生方には公私ともに支えてくださいました。そのおかげで諦めずに助産師を目指し、大学へ進学し、無事に卒業できたと思います。沖縄看護専門学校の先生方との出会いは私のこれからの助産師人生にとって、かけがえのないものとなりました。

これから看護師/助産師を目指す方へ

Ami Yabiku

屋比久亜美

沖縄赤十字病院 看護師/助産師
2017年3月 卒業

看護師を目指すにしても助産師を目指すにしても、私が一番大事だと思うことはモチベーションの維持だと思っています。助産師という仕事は私にとって未知の世界だったのですが、元々子供が好きだったこともあり、妊婦さんと赤ちゃん支えられる助産師になるということを目標に頑張ってきた結果、今の自分があると思っていますので、ぜひ自分が目指しているイメージ像を見失わず目標に向かって頑張っていただきたいと思っています。