教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)で最大144万円の給付金!!

中長期的なキャリアアップを支援する「教育訓練給付金」について、平成26年10月1日から給付内容が拡充され、専門的・実践的な教育訓練として「専門実践教育訓練給付金」が新たに設置され、本校においても指定講座の認可を受けました。

 

Q1.「専門実践教育訓練給付金制度」とは?

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講している間、また、修了した場合、その受講のために本人が支払った教育訓練経費の40%(年間上限32万円)を、原則2年(最大3年)まで、ハローワークから支給する制度です。さらに、受講修了後に目標としている資格取得などをし、1年以内に一般被保険者として雇用された場合は、さらに教育訓練経費の20%にあたる追加支給を受けることができます。この場合の支給額合計は、最大で教育訓練経費の60%(年間上限48万円、3年間で最大144万円)となります。

本校は、最大108万円が支給対象額となります。

 

Q2.更に支援する「教育訓練支援給付金」とは?

専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給できる方のうち、受講開始時に45歳未満未満で離職しているなど、一定の条件を満たす場合には、訓練受講をさらに支援する「教育訓練支援給付金」が支給されます。教育訓練支援給付金は、離職する直前の6か月間に支払われた賃金額から算出された基本手当(失業給付)の日額に相当する額の50%になります。

なお、平成30年度入学生迄の時限措置となります。

 

 

専門実践教育訓練の「教育訓練給付金」の支給申請手続きは、本校教育課程の受講開始日1か月前まで(2月末日迄)に行う必要があります。詳細はお近くのハローワークにお問い合わせ下さい。

 

詳しくは厚生労働省のホームページでご確認下さい。

こちらをクリック → ※厚生省ホームページ※

 

 

 

 

一覧に戻る

COPYRIGHT (C) 2007 Okinawa Collage of Rehabilitation and Welfare ALL RIGHTS RESERVED.